アパートという不動産の定義としては

実はアパートメントとマンションの定義は細かいことはないです。
どちらも不動産であることは確かですが、多少の定義としてはアパートは小さい、マンションは大きい、ということがあります。
ちなみにアパートでも昔は借りることのみがそう定義されているわけではなく、実は分譲のアパートもありました。
アパートは今では借りるところ、というイメージを持っている人が多いでしょうし、実際にそうなっています。
アパートは比較的安いところが多いです。
それは素晴らしいことですが、そこまでセキュリティーが高くない、ということも多いでしょう。
その点、マンションは基本的にかなり大きめになっていることがあり、またセキュリティー的にも高くなっていることが多いので安心して住むことができるようになります。
しかし、家賃的なことから考えますとやはりアパートの方がよい、となることもあるでしょう。
もちろん、自分の生活スタイルに合わせることが重要になります。